わかめフコイダンというのは硫酸化多糖の一種です。ワカメやコンブ、モズクといった褐藻類の中に含まれている食物繊維です。ナマコからも見つかっていることが分かっています。

褐藻類はネバネバしていることがあるのですが、それの原因となっている成分がフコイダンです。こちらは1913年にスウェーデンの科学者によって発見されました。そして、1970年代以降になってどんどん研究が進められるようになりました。健康効果があると分かったために健康食品として注目されるようになったのです。

今のところは実験動物を用いたり、培養細胞を用いた研究が主に行われています。人間に対する研究はほとんど行われていないのですが、これからどんどん増えていくでしょう。たとえばがん細胞に対する研究が実施されたり、他にも炎症反応や免疫反応、血管新生などについての効果も研究されています。

さまざまな効能があることが期待されているのですが、今の段階では科学的な臨床的なデータは不足している状態なのです。そのため、これからもフコイダンの研究は続けられて、いろいろなことが解明されるのを待つ状態となっています。世界中で研究が実施されているのです。大学だけではなくて一般企業の研究機関でも注目されています。